ブラックで借入が利用できなかったときの体験談

債務整理をすると5年間は借入できなくなると言われますが、これは本当だと実感しました。
個人信用情報機関、いわゆるブラックになってしまい、大手の消費者金融や街金に申し込みしましたが借りられません。
任意整理をしてから3年ほど経過してから申し込んだのですが、すぐに断られてしまいました。
借入は5万円に抑えて申し込んだのですが、まだ事故情報として登録されているのでしょう。

ブラックから抹消される時期というのは、どこも教えてはくれません。
金融機関や個人信用情報機関から連絡がくることはないのです。
そのため、自分でブラックから除外された頃合を見計らってローンの申し込みをするしかありません。
ちなみに個人信用情報に有料の情報開示請求をすれば、現在の登録状況がわかるそうです。

再び借入できるようになったのは、やはり債務整理から5年間経過したあとでした。
消費者金融に5万円の希望額で申し込んだら、1時間もしないうちに融資を受けられました。
審査に20分、さらに融資まで20分程度であり、以前よりも早く借りることができたのです。
インターネットが普及してから、融資までのスピードが迅速化したのでしょう。

ちなみに債務整理をしたあとは、ローンだけでなくクレジットカードの契約もできません。
それまで使用していたキャッシングやクレジットカードも利用できなくなります。
その期間中は現金主義で過ごすしかないので、ローンに依存していた自分には厳しかったです。10万借りたい場合なども真剣に検討する必要がありますね。

— 2016年8月18日